So-net無料ブログ作成

百田尚樹 本 夢を売る男 感想




百田尚樹  夢を売る男 感想


あの『海賊とよばれた男』(講談社)で脚光を浴びて間もない百田尚樹氏が、またまた面白い本で脚光を浴びようとしているとは。


それは、今年2月15日金曜日に太田出版より発売された『夢を売る男』。

面白いもの見たさから、つい買うことになり、読んでみた。


文章としては雑然としていて、小説としては巧いと言えないものの、テレビ畑出身ということもあってか、魅せるところは魅せてくれる。

好む好まざる関係なしに、情報過多にふさわしい現代のありさまをが描かれていて、痛いところを突いているかのような物語だ。

人間は誰でも心の奥底では、自分の人生として歩いてきた証というものを、残しておきたいもの。

それゆえか、出版業界の知られざる裏側や荒稼ぎするエセ編集者に見られる、現代人の膨れ上がった自意識や、いびつな欲望が、見事に描かれていて。


舞台は、主人公である敏腕編集者・牛河原勘治の勤務する出版社・丸栄社。

本当にいろいろな人物が登場する。

自らの輝かしい記録を残したい団塊世代の男、スティーブ・ジョブスのような大物になりたがるフリーター、ベストセラー作家になってママ友たちを見返したがっている主婦。


特に、何と言っても注目してしまうのは、主人公・牛河原特有の口八丁ぶり。
ユーモアとしたたかな知恵に満ちていて、魅力ある人物にふさわしく、苦情客の怒りを最後には見事に感謝と喜びに変えてしまう離れ業。

素晴らしい。

営業トークはもちろんのこと、現実の生活にも応用が利いて、素晴らしい広がりになりそうだ。

タグ:生活 情報 営業 テレビ 友達 小説 作家 面白い 舞台 人生 主婦 人間 編集 業界 苦情 本屋大賞 感謝 営業トーク 出版 現実 ユーモア ベストセラー 応用 現代人 発行 欲望 記録 ママ 本当 知恵 出版社 物語 主人公 最後 人物 関係 出身 見事 フリーター 意識 怒り 現代 喜び 世代 大物 注目 発売 文章 魅力 スティーブ・ジョブス 団塊世代 登場 素晴らしい 稼ぎ トーク 勤務 編集者 情報過多 ベストセラー作家 太田出版 団塊 裏側 百田尚樹 2013年 独特 出版業界 自意識 広がり 特有 したたか 敏腕 奥底 荒稼ぎ いびつ 百田尚樹 作品 平成25年 海賊とよばれた男 百田尚樹 海賊とよばれた男 海賊とよばれた男 出光 2月15日金曜日 夢を売る男 夢を売る男 文庫 百田尚樹 夢を売る男 本 夢を売る男 本 海賊とよばれた男 百田尚樹 海賊と呼ばれた男 平成25年2月15日金曜日 2013年2月15日金曜日 エセ 敏腕編集者 牛河原勘治 丸栄社 雑然 巧い 離れ業 苦情客 百田尚樹 夢を売る男 感想 百田尚樹 本 百田尚樹 本屋大賞 百田尚樹 本 夢を売る男 感想 百田尚樹 本 夢を売る男 百田尚樹 夢を売る男 太田出版 幻冬舎 感想 百田尚樹 夢を売る男 太田出版 幻冬舎 百田尚樹 夢を売る男 太田出版 感想 百田尚樹 夢を売る男 幻冬舎 感想 百田尚樹 夢を売る男 太田出版 百田尚樹 夢を売る男 幻冬舎 海賊とよばれた男 出光 感想 海賊とよばれた男 感想 百田尚樹 海賊とよばれた男 2013年 本屋大賞 2013年 本屋大賞 百田尚樹 作品 海賊とよばれた男 2013年 本屋大賞 百田尚樹 作品 海賊とよばれた男 百田尚樹 作品 夢を売る男 太田出版 幻冬舎 感想 百田尚樹 作品 夢を売る男 百田尚樹 作品 感想 百田尚樹 感想
2013-04-15 | 共通テーマ:日記・雑感 | nice!(0) | コメント(0) | トラックバック(0) | 編集

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © 微笑の門 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます