So-net無料ブログ作成

東野圭吾 新刊 夢幻花

 【1000円以上送料無料】夢幻花/東野圭吾

 【1000円以上送料無料】夢幻花/東野圭吾
価格:1,680円(税込、送料込)



東野圭吾 新刊 夢幻花

4月18日木曜日に発売、と知るなり、すぐに購入。


『夢幻花』(東野圭吾・PHP研究所)

あの『麒麟の翼』を彷彿とさせる物語の展開みたいだ。
しかし、内容が重厚で深いから、読み応えあるんだよなあ。


発端は、

温厚で研究熱心な祖父の殺害と残された子どもの姿、

朝顔市で出逢った少年と少女、

この二つの展開から始まった。


それらを念頭に置いた上で読み進めれば、すべての人たちが交差する点の明らかになってゆく展開の面白さ。


登場人物は、

祖父殺害の原因を一番に気に掛ける、大学生・秋山梨乃。
梨乃を気に掛ける一方で、梨乃の祖父の殺害事件の真相を解明すべく一心不乱に身を投じる"兄"も気に掛ける、大学院生・蒲生創太。
梨乃の祖父の殺害事件の捜査そのものと警察上層部、それぞれにて不穏の動きをすることとなる、早瀬刑事。

それぞれの抱える謎に、

「黄色いアサガオだけは追いかけるな...」

という意味深な言葉。


そして、3人の主要人物それぞれに、自分自身の目標と人生、親子やきょうだいの関係を背景にした、人間ドラマの展開。


結末としては、

事件の被害者と犯人という立場での、それぞれの抱える悲しみが際立つことになるけど、それぞれの登場人物の将来に、わずかながらの希望の光の差し込むかのような気持ちに...。


聞くところによりますと、

「江戸時代には黄色い花の朝顔は存在していたのに、なぜ現代には存在しないのか」

という着想からによる執筆とのこと。


さすがに、奥行きの深い物語の展開でした。

2013-04-24 | nice!(0) | コメント(0) | トラックバック(1) | 編集

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

トラックバックの受付は締め切りました

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © 微笑の門 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます