So-net無料ブログ作成

デールカーネギー 人を動かす 矢沢永吉



デールカーネギー 人を動かす 矢沢永吉

時折考えさせられるよなあ。


今から振り返れば、小学校からの長きにわたる集団生活でも、学生生活を経て実社会へ飛び出した後でも、否応なしに、

「人を動かす」

という必要性に直面させられる。


あらゆる最新情報の錯綜、

人間関係の希薄化、

自身の想いを相手へ伝えにくいもどかしさ、

それらにまつわる混沌とした気持ちが、ありとあらゆる「ハウツー本」に依存したくなる傾向を強めてしまうものかもしれない。


しかし、それでも、

人間関係の古典として、ありとあらゆる自己啓発本の原点との定評のある、1937(昭和12)年初版発行のデール・カーネギーの名著『人を動かす』の功績は大きい。


この名著を初めて知ったのは、お恥ずかしながらも、学生時代のミーハー心からの気まぐれで購入することとなった、1978(昭和53)年のベストセラー『矢沢永吉激論集 成りあがり』(矢沢永吉/角川文庫)の文面から。

1945(昭和20)年8月6日の広島への原子爆弾投下と敗戦の後遺症の強く残る広島県の生まれで、複雑な家庭事情ゆえの貧困からの生き残りに必死だったんだろうなあ、高校1年生の16歳当時ですでに、大人の気持ちを喜ばせることに長けていたという。
それが功を奏して、アルバイト先の社長から気に入られて、名著を贈られたとか。


その『成りあがり』を一気に読み終えて、その勢いのまま購入。

読み終えた感想としては、まあ確かにあれも言える、これも言える、という実感を強くさせるだけだった。

その上で、実社会での人対人という関わり合いにおいて、思い通りにいかずに悶々とすることで、読み返すことの繰り返し。
自身の経験してきたことと置かれている状況の考察、そして自身の工夫を加えての実践で、少しずつ感度を上昇させていったことを、思い出した。


あれから、長い歳月を経て、

かの名著を読み終えた後の自分としては、七転び八起きを繰り返すとこでの日常生活。

ふと、1999(平成11)年10月31日発売の『人を動かす 新装版』(著者:デール・カーネギー・編集:山口博・出版:創元社)が目に入った。
確か1980年代、時代に沿った形への改訂としての内容。

折しも、なじみの親戚の甥が大学に入学したこととあって、お祝いとしての贈りもののために、改めて購入。



汚すことのないように拾い読みして、改めて実感したことは、

いかに名著であっても、決して人生論・人格論を記しておらず、より多くの人たちとより広く関わってゆく上での「社交術」に過ぎないということ。

それを念頭に置かないまま、家族、友人、知人、上司、部下などとの関わり合いを通して、著書に記されている技術を鵜呑みにして実践してしまうと、本音で語り合えない、心の通い合わない、といった居心地の悪さだけが、強まってしまうもの。

それでも仕事の関係上、好む好まざる関係なしに、さほど親密でない人、考えがあまりにも違う人、周囲を不愉快にさせる言動の目立つ人など、否応なく関わらなければならない場合、著書の社交的な技術を通して、平和的な人間関係に。
特に、相手への注意を促す必要に直面させられた場合には、有効。

逆に、長きにわたる親友としての相手に対しては、要注意。
心にもない表面だけのお世辞が多かったり、回りくどい言い回しの技術だけだったら、ふと相手に感づかれてしまった場合、全くの効果はない。
むしろ面の皮の厚い策略のある人間とみなされて、不信感が募るだけ。



本来の理想的な人間関係とは、小手先の技術を使うことではなく、人格対人格で嘘偽りなく、正直に語り合うこと。
互いの悪口を多少言い合うことのあるものの、決して関係の断絶されることはなく、以前よりも微笑ましく陽気な雰囲気へと好転させてゆく。


いずれにせよ、一番明確に強調されていることは、「作為」はよくないということ。
相手に対する心からの賞賛でなければ、人間の心は動かせないよいうこと。



かの矢沢永吉も、かの名著を手にする前から、すでに実感していたんだろうなあ。

タグ:仕事 生活 情報 大学 家族 違い 感想 広島 日常 最新 DAIGAKU 上司 部下 人生 社会 時代 入学 人間 技術 強く 人間関係 自己啓発 編集 学生 自分 想い 考え お祝い 気まぐれ 親友 一番 感度 家庭 アルバイト 購入 依存 思い 古典 後遺症 考察 1978年 友人 出版 知人 社長 ベストセラー 長さ 広島県 経験 発行 実践 時間 大きい 大人 喜ぶ 自身 自分自身 平和 要注意 原爆 気持ち 小学校 陽気 効果 関係 貧困 自己啓発本 理想 矢沢永吉 祝い 雰囲気 実感 強さ 本音 傾向 大きく 状況 必要 喜び 長い 親戚 表面 ミーハー 多い 混沌 発売 有効 上昇 日常生活 ハウツー 居心地 悪い 工夫 最新情報 敗戦 本来 理想的 語り 人格 語る 勢い 自己 相手 微笑み 投下 不快 強い 複雑 多少 場合 正直 不愉快 角川文庫 周囲 言動 初版 事情 多さ 当時 悪口 厚い 人を動かす 違う 功績 著書 学生時代 原点 大きさ 実行 著者 一気 広さ 集団 お世辞 人生論 原子爆弾 強調 明確 偽り 生まれ 好転 成りあがり 気紛れ 不信 必要性 微笑 親密 少々 文面 不信感 多く 策略 名著 ハウツー本 16歳 賞賛 繰り返し もどかしさ 啓発 鵜呑み 定評 悶々 馴染み 目立つ 断絶 長く 贈りもの 七転び八起き 時折 希薄化 広い 社交的 デール・カーネギー 微笑ましい 通い なじみ 創元社 繰り返す 1937年 錯綜 悪さ 関わる 言い回し 社交 関わり合い 念頭 実社会 デールカーネギー 関わり 集団生活 小手先 学生生活 激論 高校1年生 もどかしい 貧しい 関係上 昭和53年 広く 直面 家庭事情 貧しさ 昭和12年 1945年8月6日 昭和20年8月6日 語り合う 矢沢永吉 ベストアルバム 矢沢永吉 so long 促す 矢沢永吉 ALL TIME BEST ALBUM 山口博 伝え方が9割 感想 雑談力が上がる話し方 感想 雑談力が上がる話し方 30秒でうちとける 人格論 デールカーネギー 人を動かす オーディオブック 人を動かす 広き 長き 希薄 初版発行 ミーハー心 激論集 矢沢永吉激論集 成りあがり 強き 喜ばせる 喜ばしさ 喜ばしい 喜ばしく 1999年10月31日 平成11年10月31日 人を動かす 新装版 拾い読み 多き 社交術 平和的 促し 回りくどい 言い合う 微笑ましく 微笑ましさ 微笑ましき 微笑む デールカーネギー 人を動かす 矢沢永吉 池上彰 本 聞かないマスコミ 答えない政治家 心配事の9割は起こらない 内容 日本人の知らない日本語 本 蛇蔵 海野凪子 池上彰 緊急スペシャル マスコミ 政治家 日本人の知らない日本語 本 1 2 3 4 DAIGO メンタリスト 一瞬でYESを引き出す心理戦略。 DAIGO メンタリスト 一瞬でYES 心理戦略 心配事の9割は起こらない 感想 堺雅人 本 文・堺雅人 文・堺雅人2 半沢直樹 DVD Blu-ray ディレクターズカット版 半沢直樹 DVD Blu-ray 岡田准一 本 オカダのはなし マガジンハウス 岡田准一 本 オカダのはなし 白鵬 強い メンタル 甕横綱 白鵬 強い 甕横綱 プレゼンスキル マーティン・ニューマン プレゼンスキル マーティン・ニューマン 本 パーソナル・インパクト 最強のプレゼン術 平野啓一郎 空白を満たさない 小学生 習い事 文具 学用品 小学生 習い事 文具 学用品 販売店 矢沢永吉 DVD 感想 TREASURE BOX 矢沢永吉 DVD box TREASURE BOX
2013-05-15 | 共通テーマ:日記・雑感 | nice!(0) | コメント(0) | トラックバック(0) | 編集

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © 微笑の門 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます