So-net無料ブログ作成

剱岳 点の記 映画 木村大作








剱岳 点の記 映画 木村大作

先月10月中旬の北アルプス南部にある山小屋での小屋閉め作業を終えて、ほぼ半月が経過したものの、久方ぶりの登山だったからか、未だ余韻の残る日々の続いてばかり。


いくらか空き時間ができて、改めて観たくなった。

2009(平成21)年6月下旬に公開された映画『剱岳 点の記』を。


原作は、新田次郎晩年の1977(昭和52)年の作品。
文藝春秋の担当者が収集したおびただしい資料をもとに、筆者が60歳を超える身体ながらも、登頂を含む現地ルポを行ってまとめたもの。

当然、映画化の実現までには、かなりの歳月が...。


物語の時代は1907(明治39)年。

陸軍参謀本部陸地測量部(現在の国土地理院)の測量官・柴崎芳太郎(浅野忠信)に、未踏峰とされてきた剱岳への登頂と測量の命令が...。

それは日本地図最後の空白地帯を埋めるという重要かつ困難を極める任務。


特に、立山山麓に位置する集落・芦峅寺の総代として、曼荼羅図を使って巡礼者に立山修験道を説く佐伯永丸(井川比佐志)や、過酷な修行を続け山と共に生きる行者(夏八木勲)の存在。

山岳信仰から剱岳を畏怖し御二方を尊敬する地元住民の反発は大きく、受け入れまでの紆余曲折を要することに。


やがて、幼少から長きにわたり山に通じている宇治長次郎(香川照之)はじめ、他の山案内人とともに測量に挑んだ男たちは、ガレ場だらけの切り立った尾根と悪天候・雪崩などの厳しい自然環境、小島烏水(仲村トオル)率いる日本山岳会との登頂争い、未発達な測量技術と登山装備などの、さまざまな困難と戦いながら測量を続けてゆく。


監督は、あの1977(昭和52)年公開の映画『八甲田山』をはじめとする数多くの日本映画のカメラマンとして活動してきた、木村大作。
すなわち初監督作品。

撮影は、2007(平成19)年4月から開始、2008(平成20)年8月まで延べ200日以上を要して、同年末に完成。

撮影にあたり、登場人物の感情を大切にするため、芝居部分は原則として順撮りで。
東京パートや山麓パートの撮影は、愛知県の明治村や富山県の上市町・富山市・立山町で地域住民の協力のもとでのロケ撮影。

特に、山岳測量のシーンでは、「これは撮影ではなく『行』である」、「厳しい中にしか美しさはない」、「誰かが行かなければ道はできない」が、基本方針。

明治の測量官の目線や感覚を大切にするため、空撮やCG処理に頼らず、多賀谷治氏をはじめとする立山ガイドの支援のもと、積雪期には体感温度が氷点下40度にも達する立山連峰や剱岳で、山小屋やテントに泊まりこみながら、明治の測量官が登った山に実際に登ることで、当時の足跡を再現するなど、長期間をかけ丁寧に撮影を敢行したという。


まさに素晴らしい仕上がり。

さまざまな悪条件を克服しながら、地道に作業をこなしてきた明治の人たちの手によって、現在のこの社会があることを察すれば、背筋が伸びる思い。

それゆえ、映画化にあたって、制作スタッフや演技派の俳優陣すべての力量に加えて、厳しい自然環境における常に"本物"を追求する姿勢は、多くの人たちに大いなる感動を呼び起こすもの。



木村大作監督作品は、これ1作のみにとどまらない予感が...。

タグ:映画 愛知県 日本 東京 富山県 地図 自然 撮影 山小屋 CG スタッフ 登山 収集 社会 時代 技術 地域 想い 開始 芝居 資料 完成 浅野忠信 感情 公開 環境 制作 思い 天候 俳優 克服 日本映画 仲村トオル 長さ 明治 小屋 身体 映画化 ロケ 再現 ガイド 大きい カメラマン パート 丁寧 信仰 積雪 作品 現在 監督 感動 生きる 物語 地元 修行 姿勢 基本 発達 支援 最後 人物 文藝春秋 陸軍 位置 命令 装備 作業 活動 担当者 厳しさ 重要 大きく 戦い 富山市 立山町 足跡 巡礼 案内 長い 立山 演技 明治村 自然環境 原作 テント シーン 地理 部分 方針 処理 感覚 泊まり 巡礼者 人手 1977年 背筋 測量 香川照之 実際 本物 山岳信仰 八甲田山 追求 任務 存在 登場人物 ルポ 基本方針 登る 担当 厳しく 反発 思う 大切 登場 仕上がり 素晴らしい 立山連峰 悪条件 体感温度 当時 2008年8月 協力 夏八木勲 尊敬 日本地図 空撮 厳しい 大きさ 積雪期 温度 未発達 超える 地道 原則 悪天候 全て すべて 困難 実現 住民 敢行 伸びる 井川比佐志 体感 争う 争い 曼荼羅 参謀 登り 現地 いきる 目線 余韻 山麓 登頂 過酷 本部 60歳 雪崩 山岳 埋める ガレ場 現地ルポ 国土地理院 長時間 新田次郎 国土 案内人 演技派 集落 地帯 空白 尾根 修験道 芦峅寺 立山ガイド 畏怖 木村大作 小島烏水 地域住民 晩年 戦う 力量 地元住民 長く 初監督作品 おびただしい 男たち 歳月 受け入れ 未踏峰 陸地測量部 想う 頼らない 超え 日本山岳会 柴崎芳太郎 宇治長次郎 幼少 測量技術 大いに 山案内人 昭和52年 通じる 災害用簡易トイレ 制作スタッフ 大いなる 超えて 長め 総代 通じ 登山装備 通じて さまざま 陸地 立山山麓 サマーレスキュー 感想 サマーレスキュー 山小屋 1907年 紆余曲折 人たち 本田望結 ドラマ サマーレスキュー 能年玲奈 ドラマ 映画 能年玲奈 サマーレスキュー あまちゃん 能年玲奈 ドラマ サマーレスキュー あまちゃん 2007年4月 平成19年4月 素晴らしさ 素晴らしき 素晴らしく 筆者 あまちゃん あらすじ ネタバレ 第11週 ガールズ&パンツァー 秋山優花里 リュックサック 野口健 富士山 長き 布団専用掃除機 レイコップ シャツシャワー 口コミ キャンプ用簡易テント 折りたたみ簡易テント サマーレスキュー 感想 星空案内 サマーレスキュー 山小屋 尾野真千子 サマーレスキュー 山小屋 笹野高史 サマーレスキュー 山小屋 天空の診療所 サマーレスキュー 感想 カモミールティー サマーレスキュー 感想 背負子 サマーレスキュー 感想 観天望気 サマーレスキュー 感想 仕事 サマーレスキュー あらすじ ネタバレ 最終回 富士山世界遺産 観光 介護簡易トイレ womanドラマ 日テレ 小栗旬 厳しき イプサ 日焼け止め 口コミ 橋本愛 コンタクト 野口健 写真集 イモトアヤコの地球7周半 行者 womanドラマ あらすじ ネタバレ 第7話 同年 御二方 俳優陣 剱岳 点の記 春を背負って 映画 木村大作 剱岳 映画 剱岳 点の記 新田次郎 映画 木村大作 春を背負って 映画 木村大作 笹本稜平 剱岳 点の記 映画 木村大作 2009年6月下旬 平成21年6月下旬 明治39年 陸軍参謀本部陸地測量部 陸軍参謀本部 参謀本部 測量部 測量官 最後の空白地帯 空白地帯 曼荼羅図 立山修験道 佐伯永丸 切り立った 山岳会 登頂争い 平成20年8月 延べ200日以上 芝居部分 順撮り 東京パート 山麓パート 上市町 ロケ撮影 山岳測量 これは撮影ではなく『行』である 厳しい中にしか美しさはない 誰かが行かなければ道はできない CG処理 頼らず 多賀谷治 氷点下40度 ごちそうさん キャスト 西門泰介 菅田将暉 ごちそうさん キャスト 菅田将暉 サマーレスキュー 感想 仕事 八甲田山
2013-11-07 | 共通テーマ:日記・雑感 | nice!(0) | コメント(0) | トラックバック(0) | 編集

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © 微笑の門 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます