So-net無料ブログ作成

花子とアン キャスト 吉高由里子




花子とアン キャスト 吉高由里子

いよいよ3月31日月曜日から半年間、NHK朝ドラ『花子とアン』の放送へ。

主人公は、「赤毛のアン」の翻訳者・村岡花子[1893(明治26)年6月21日~1968(昭和43)年10月25日]。

原案は、花子が後に養女とする妹・梅子の長女・みどりの娘、すなわち花子の孫にあたる村岡恵理「アンのゆりかご 村岡花子の生涯」。


主人公を演じる吉高由里子は、前作『ごちそうさん』の杏に続き、オーディションを介さず直接オファーによる決定。

人選に関して、当作品を製作統括する加賀田透の考えでは、オーディションにするか、キャスティング(直接オファー)にするか迷っていた2013(平成25)年3月頃に、映画『横道世之介』を見て、お嬢様育ちのヒロインを演じた吉高由里子が適切なのではとのこと。
スタッフも脚本担当の中園ミホも満場一致で支持してくれたという。



吉高由里子といえば、トントン拍子とまではいかないものの、2006(平成18)年には、デビュー作である園子温監督の映画『紀子の食卓』で、第28回ヨコハマ映画祭最優秀新人賞受賞。 2008(平成20)年金原ひとみの原作・蜷川幸雄監督の映画『蛇にピアス』で、第32回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。

ドラマでは、2009(平成21)年10月よりフジテレビ系月9ドラマ『東京DOGS』のヒロイン、2010(平成22)年7月より日本テレビ系土曜ドラマ『美丘 -君がいた日々-』での地上波連続ドラマ初主演。

そして、この度の『花子とアン』製作統括の加賀田透が注目することとなる、2013(平成25)年公開の映画『横道世之介』で、第68回毎日映画コンクール助演女優賞などを受賞。


これまでを振り返ってみれば、あの独特のアンニュイながらの突拍子で気紛れな言動ゆえに、良くも悪くも注目されて、ファンの間では好き嫌い別れることあるものの、魅せる時はしっかりと魅せてくれる女優。

ただ、作品により当たり外れのあるのが、一番の気がかり。



そこで、要となるのが、脚本担当の中園ミホの作風。

「取材力の中園ミホ」と称されるように、マーケティングリサーチが得意な書き手の1人であることが功を奏して、2000(平成12)年10月より放送のフジテレビ系月9ドラマ『やまとなでしこ』、日本テレビ系水曜ドラマでは2005(平成17)年4月より放送の『anego』と2007(平成19)年1月より放送の『ハケンの品格』にて、仕事にも恋愛にも前向きな女性を等身大に描いて、脚光を浴びることになって...。

この度の作品の舞台は、明治・大正・昭和、すなわち戦前・戦中・戦後。

これまでのNHK朝ドラの作風の骨格を壊すことなく、前向きかつ等身大に描いてくれるはず。

3月18日月曜日発売の『村岡花子 「赤毛のアン」の翻訳家、女性にエールを送りつづけた評論家』(KAWADE夢ムック 文藝別冊)と、

3月27日木曜日発売の『花子とアンへの道 本が好き、仕事が好き、ひとが好き』(村岡恵理/河出書房新社)と、

見事に融合させてくれるかのような予感。


かの『花子とアン』で描かれることになる肝心の村岡花子とは、

1893(明治26)年6月21日、山梨県甲府市のクリスチャンの家庭である、安東吉平(伊原剛志)・ふじ(室井滋)夫妻の長女として誕生したことから始まって....。

2歳での受洗、紆余曲折を経ての上京と、1903(明治26)年春のミッション・スクールの修和女学校への編入学。

1904(明治27)年夏の行儀作法に厳格な教育者で花子の生涯の恩師となる英語教師・富山タキ(ともさかりえ)との出逢い、そして日本文学を学ぶ傍らながら翻訳家を目指す花子の姿。

やがて、福音印刷合資会社の経営者・村岡英治(鈴木亮平)と1919(大正8)年に結婚、1920(大正9)年に誕生した長男の1926(大正15年? 昭和元年?)年の病死。

そして、失意の中での心機一転、英語児童文学の翻訳紹介の道へ。
翌年の1927(昭和2)年、片山廣子の勧めにより、マーク・トウェインの"Prince and Pauper"を『王子と乞食』の邦題での翻訳と出版。

折しも時代は次第に戦時下へ、1932(昭和7)年から1942(昭和17)年までJOAKのラジオ番組の『コドモの新聞』コーナーへの出演、"ラジオのおばさん"としての人気。

その最中での1939(昭和14)年、宣教師のミス・ショーから手渡された、ルーシー・モード・モンゴメリの著作『Anne of Green Gables』、後に翻訳を手掛けることとなる『赤毛のアン』との運命の出逢い。
1941(昭和16)年12月8日の日米開戦と以後の降りかかる波乱に滞ることのない翻訳、1945(昭和20)年8月15日の終戦間もない頃の翻訳完了。

1952(昭和27)年、ついに苦難を乗り越えての『赤毛のアン』出版。
ベストセラーの勢いを駆って7年間のシリーズ全10巻翻訳の甲斐あって、1960(昭和35)年には児童文学への貢献が高く評価されて藍綬褒章受賞。

一方で夫とは、1963(昭和38)年に死別。

それから4年の歳月が流れての1967(昭和42)年、いよいよ自身の最期を悟ったからか、カナダを訪問。

そして翌年の1968(昭和43)年10月25日、永眠。
享年75歳。


確かに、波瀾万丈な生涯。

それゆえか、テンポの良いドラマ展開となるんだろうなあ。



吉高由里子が、NHK朝ドラ初出演はもちろんのこと、明治・大正・昭和における一代記のヒロインを演じるのも、多くの文豪をはじめとする著名人との出逢いと関わりを演じるのも、初めて。

吉高由里子の独自性と中園ミホの脚本力の融合か...。


時と場合によっては"諸刃の剣"の展開の予感なものの、最後まで見届けたいな。

タグ:仕事 映画 恋愛 英語 昭和 人気 花子 翻訳 朝ドラ キャスト カナダ シリーズ 戦後 紹介 受賞 評価 NHK 著作 出版 女性 ベストセラー 児童文学 長女 明治 融合 赤毛のアン 訪問 運命 見事 出逢い 前向き いい 予感 ラジオ番組 吉高由里子 大正 戦前 貢献 KAWADE夢ムック 1967年 脚本 良い 独自 1963年 みどり 邦題 等身大 宣教師 良さ ヒロイン クリスチャン 諸刃の剣 原案 河出書房新社 Anne of green gables マーク・トウェイン 中園ミホ 村岡花子 著名人 村岡恵理 独自性 文豪 NHK朝ドラ 魅せる 昭和35年 生涯 永眠 波瀾万丈 藍綬褒章 翻訳者 1939年 良く 7年間 良き 翻訳家 横道世之介 鈴木亮平 1960年 関わり 2014年 作風 1952年 1942年 昭和17年 よく 山梨県甲府市 出逢う 一代記 戦中 1932年 よい 梅子 昭和27年 当たり外れ 2013年3月 昭和38年 1927年 昭和14年 1919年 大正8年 3月18日月曜日 平成26年 よさ よき 平成25年3月 花子とアン 花子とアン 原作 花子とアン キャスト 魅せて 東出昌大 演技 すべては君に逢えたから ホットロード 映画 能年玲奈 ホットロード 能年玲奈 昭和7年 3月31日月曜日 2014年3月31日月曜日 平成26年3月31日月曜日 昭和2年 黒木華 ベルリン国際映画祭 最優秀女優賞 黒木華 ベルリン 最優秀女優賞 花子とアン キャスト 村岡花子 吉高由里子 花子とアン キャスト 吉高由里子 アンのゆりかご 村岡花子の生涯 花子の孫 直接オファー 花子とアン 本 花子とアン ネタバレ 1893年6月21日 明治26年6月21日 1968年10月25日 昭和43年10月25日 享年75歳 みどりの娘 妹・梅子 長女・みどり お嬢様育ちのヒロイン お嬢様育ちの 取材力の中園ミホ 村岡花子 「赤毛のアン」の翻訳家、女性にエールを送りつづけた評論家 2014年3月18日月曜日 平成26年3月18日月曜日 KAWADE夢ムック 文藝別冊 文藝別冊 花子とアンへの道 本が好き、仕事が好き、ひとが好き 3月27日木曜日 2014年3月27日木曜日 平成26年3月27日木曜日 村岡英治 英語児童文学 翻訳紹介 Prince and Pauper 王子と乞食 JOAK コドモの新聞 ラジオのおばさん ミス・ショー ルーシー・モード・モンゴメリ シリーズ全10巻 全10巻 昭和42年 花子とアン NHK 朝ドラ あらすじ ネタバレ 第1週 花子とアン あらすじ ネタバレ 第1週 花子とアン あらすじ ネタバレ 第2週 花子とアン NHK 朝ドラ あらすじ ネタバレ 第2週 花子とアン NHK 朝ドラ あらすじ ネタバレ 第3週 花子とアン あらすじ ネタバレ 第3週 花子とアン NHK 朝ドラ あらすじ ネタバレ 第4週 花子とアン あらすじ ネタバレ 第4週 花子とアン NHK 朝ドラ あらすじ ネタバレ 第5週 花子とアン あらすじ ネタバレ 第5週 花子とアン あらすじ ネタバレ 第6週 花子とアン あらすじ ネタバレ 第7週 花子とアン あらすじ ネタバレ 第8週 花子とアン あらすじ ネタバレ 第9週 花子とアン あらすじ ネタバレ 第10週 花子とアン NHK 朝ドラ あらすじ ネタバレ 第6週 花子とアン NHK 朝ドラ あらすじ ネタバレ 第7週 花子とアン NHK 朝ドラ あらすじ ネタバレ 第8週 花子とアン NHK 朝ドラ あらすじ ネタバレ 第9週 花子とアン NHK 朝ドラ あらすじ ネタバレ 第10週 花子とアン NHK 朝ドラ あらすじ ネタバレ 第11週 花子とアン NHK 朝ドラ あらすじ ネタバレ 第12週 花子とアン NHK 朝ドラ あらすじ ネタバレ 第13週 花子とアン あらすじ ネタバレ 第11週 花子とアン あらすじ ネタバレ 第12週 花子とアン あらすじ ネタバレ 第13週 花子とアン あらすじ ネタバレ 第14週 花子とアン あらすじ ネタバレ 第15週 花子とアン あらすじ ネタバレ 第16週 花子とアン あらすじ ネタバレ 第17週 花子とアン あらすじ ネタバレ 第18週 花子とアン あらすじ ネタバレ 第19週 花子とアン あらすじ ネタバレ 第20週 花子とアン あらすじ ネタバレ 第21週 花子とアン あらすじ ネタバレ 第22週 花子とアン あらすじ ネタバレ 第23週 花子とアン あらすじ ネタバレ 第24週 花子とアン あらすじ ネタバレ 第25週 花子とアン あらすじ ネタバレ 最終週 花子とアン NHK 朝ドラ あらすじ ネタバレ 第14週 花子とアン NHK 朝ドラ あらすじ ネタバレ 第15週 花子とアン NHK 朝ドラ あらすじ ネタバレ 第16週 花子とアン NHK 朝ドラ あらすじ ネタバレ 第17週 花子とアン NHK 朝ドラ あらすじ ネタバレ 第18週 花子とアン NHK 朝ドラ あらすじ ネタバレ 第19週 花子とアン NHK 朝ドラ あらすじ ネタバレ 第20週 花子とアン NHK 朝ドラ あらすじ ネタバレ 第21週 花子とアン NHK 朝ドラ あらすじ ネタバレ 第22週 花子とアン NHK 朝ドラ あらすじ ネタバレ 第23週 花子とアン NHK 朝ドラ あらすじ ネタバレ 第24週 花子とアン NHK 朝ドラ あらすじ ネタバレ 第25週 花子とアン NHK 朝ドラ あらすじ ネタバレ 最終週 花子とアン キャスト 土屋太鳳 花子とアン キャスト 安東もも 土屋太鳳 花子とアン キャスト 木場朝市 窪田正孝 花子とアン キャスト 窪田正孝 花子とアン キャスト 白鳥かをる子 近藤春菜 花子とアン キャスト 近藤春菜 花子とアン キャスト 富山タキ ともさかりえ 花子とアン キャスト ともさかりえ 花子とアン キャスト 醍醐亜矢子 高梨臨 花子とアン キャスト 高梨臨 花子とアン キャスト 徳丸甚之介 カンニング竹山 花子とアン キャスト カンニング竹山 花子とアン キャスト 安東吉平 伊原剛志 花子とアン キャスト 伊原剛志 高畑充希 アオハライド 高畑充希 アオハライド 成海唯 花子とアン キャスト 村岡英治 鈴木亮平 花子とアン キャスト 鈴木亮平 花子とアン キャスト 梶原総一郎 藤本隆宏 花子とアン キャスト 藤本隆宏 花子とアン 主題歌 絢香 にじいろ CD DVD 花子とアン 主題歌 絢香 にじいろ 花子とアン 村岡花子童話集 赤毛のアン 花子とアン 村岡花子童話集 赤毛のアンシリーズ 花子とアン DVD Blu-ray 花子とアン あらすじ DVD Blu-ray
2014-03-25 | 共通テーマ:日記・雑感 | nice!(0) | コメント(0) | トラックバック(0) | 編集

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © 微笑の門 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます