So-net無料ブログ作成

園子温 情熱大陸 けもの道を笑って歩け




園子温 情熱大陸 けもの道を笑って歩け

6月15日日曜日放送のTBS系ドキュメンタリー番組『情熱大陸』での映画監督・園子温を観終えた時の余韻が、未だに尾を引く中とあって、つい購入してしまった。


映画監督・園子温の単行本で、2012(平成24)年10月発売の『非道に生きる』(朝日出版社)と、2013(平成25)年9月発売の『けもの道を笑って歩け』(ぱる出版)を、立て続けに読み終えることとなって...。


鬼才・毒舌、破廉恥、社会派…。

さまざまな異名を持つ映画監督・園子温の創作哲学か...。


あの「ジーパンをはいた朔太郎」としての17歳の詩人から始まって、1990年代のインディーズ系映画界の席巻。

2001(平成13)年以降に、メジャー映画会社とも手を結んでから、大きく飛躍することに...。


海外から先に評価されることになるとは...。

2005(平成17)年公開の映画『Strange Circus 奇妙なサーカス』では、第56回ベルリン国際映画祭フォーラム部門にて観客の人気投票によって選ばれる「ベルリン新聞・読者審査賞」(The "Berliner Zeitung" Reader's Jury Award)を受賞。
カナダのモントリオールで開催されたファンタジア映画祭‘06でも、作品賞と主演女優賞(宮崎ますみ)が受賞。

2006(平成18)年公開の映画『紀子の食卓』では、第40回カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭の特別表彰&国際シネマクラブ連盟ドンキホーテ賞を受賞。

2008(平成20)年公開の映画『愛のむきだし』。
ベルリン国際映画祭で、「国際批評家連盟賞」「カリガリ賞」を受賞

2013(平成25)年公開の映画『地獄でなぜ悪い』では、第38回トロント国際映画祭 ミッドナイト・マッドネス部門の観客賞を受賞するまでに。


今や映画ファンや批評家から“次回作が最も期待される映画監督”と評される園子温は、見る者の心をざわつかせ、大きく揺さぶってくれる。


園子温という名前は本名。


1961(昭和36)年12月18日生まれ、愛知県豊川市出身。

愛知県立豊橋東高等学校卒業で、法政大学文学部中退。


先日読み終えたかの2冊の単行本のように、その「強烈で個性的な半生」は俄かには信じられない内容そのもので。

本人の映画同様、まさに「むきだし」のドキュメンタリーだった。


人間のありのままについて、振り返ってみれば、


他人には黒く見えるカラスが、自分には白く見えてしまう。

実は日常的に我々が「ほんとうらしく見えるもの」の「嘘」に気づきながら、「損得」を考え、自分自身を「安全地帯」に置かんがために打算的に生きている。

厄介なのは「善悪」の中に「ありえない添加物」が混入していても指摘する勇気を持てず、「強者の物差し(長いものには巻かれろ)」が正しいと支持してはばからない。

「嘘」だと気づいている「自分」さえ、ごまかせるほど、感性が錆びついてしまっている。

時として「狂気」の中にしか、「真実」の姿は提示されないのかも知れない。


ふとしたことで間違えてしまう恐れのある人間である以上、下手をすれば道を踏み外して、取り返しのつかないことも、あり得るかもしれない???


日々の仕事に忙殺されがちなほど、一息つける時を見計らって、今後のための自戒の意味合いから、改めて目を通すのがふさわしいだろうなあ。

園子温と自分自身、それぞれが"情熱大陸"を歩くかのような気持ち、忘れたくない。

2014-07-14 | 共通テーマ:日記・雑感 | nice!(0) | コメント(0) | トラックバック(0) | 編集

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © 微笑の門 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます