So-net無料ブログ作成

マッサン あらすじ ネタバレ 第15週






マッサン あらすじ ネタバレ 第15週

「会うは別れの始め」

1月12日月曜日より放送。


政春(玉山鉄二)とエリー(シャーロット・ケイト・フォックス)が、広島の実家を去る日となって...。

政春は政志(前田吟)に、エリーは千加子(西田尚美)に、それぞれ呼び止められて、生前の早苗(泉ピン子)から二人への想いを伝えられる。

心に深く留めた二人は、大阪へ戻っていった。


政春はウィスキー製造現場に戻してほしいと鴨居(堤真一)に頭を下げる決意を固めて、鴨居商店に出向いた。

出社後、鴨居に北海道出張の報告を終えた政春は、鴨居に頭を下げて製造現場への復帰を頼み込む。

工場長でなくても構わないという政春の熱い想いに動かされた鴨居は、政春を再び工場長へ復帰させることとなった。

願いの叶った喜びの政春は、俊夫(八嶋智人)と英一郎(浅香航大)など工場で働く仲間たちを引き連れて、家に帰ってきてパーティーを開くことに。

工場長復帰とあって盛況となる中、席上で政春は突然、日本人の味覚に好まれるウィスキーづくりを宣言。

しかし、それが政春の本来の願いなのかと、エリーは気が気でない。


翌日より、政春がウィスキーの命と信じていたピート臭を抑えた日本人向けのウィスキーづくりが開始された。

製造現場は多忙を極め、意に沿わないはずの本場の味わいとかけ離れたウィスキーづくりながらも、政春は愚痴ひとつこぼさずに工員たちの陣頭指揮を執る日々。

エリーも政春を案じる中、月日は流れて、スモーキーフレーバーを抑えたウィスキーが、ようやく完成へ。

しかし、鴨居は新しいウィスキーの味に納得しなかった。


政春は落胆するも、すぐに持ち直して、今度はピートを使わないウィスキーづくりに挑むことに。

事を知った英一郎は、ウィスキー独特の風味を損なう製造法に、口を極めて反対。

対する政春は、客の飲みやすいことがすべてであると、英一郎の言葉を聞こうとしない。

政春は、ピートを使わないウィスキーを完成。 鴨居も今度はその味に納得し、政春の労をねぎらった。

そして、ピートを使わずに製造したウィスキーを発売する日を迎えた。

しかし、長期間にわたり自身を押し殺して仕事を続けてきた無理がたたって、政春は過労で倒れてしまった。


見るに見かねたエリーは、家主・野々村茂(神尾佑)から紹介された実業家・渡(オール阪神)の元へ、政春を連れて行くことに。

政春の北海道でのウィスキー製造事業への秘めた想いを知るエリーは、渡に出資を求めた。

しかし、資金化に時間のかかる投資話に、渡からの快い返事はなかった。

それでも、粘りの交渉の甲斐あって、余市で収穫されたリンゴでジュースをつくり運転資金を稼ぐアイディアに、渡は乗り気となり、ウィスキー製造工場の出資に応じることに。

その代わり、必要となる資金50万円のうち10万円は自身で調達することを、政春に要求。


政春は、思案の上で尽力したものの、10万円の資金調達のメドは立たなかった。

これ以上、鴨居商店の厄介になるわけにはいかないと決断した政春は、退社の挨拶のために、エリーとともに鴨居商店へ足を運ぶことに。



第14週同様、北海道余市が射程距離内に入りつつあることを実感する今日この頃のこと...。

特産物としてニシンが気になったならば、リンゴも気になってしまうもので...。


この物語では、余市でのウィスキー製造事業の運転資金稼ぎとしての、収穫リンゴでのジュースづくりが要になりそうな予感....。


「北海道開拓の父」と呼ばれるアメリカ人開拓者のホーレス・ケプロンがアメリカから輸入した多くの果物の苗木の一部を、彼の助手が北海道へ持って渡り、余市に植えたことに始まって、1879(明治12)年にようやくリンゴの実を結ぶことになって以来の紆余曲折...。

民間農家が初めてリンゴ栽培に成功した土地として知られることとなり、生産量は北海道1位に。


有機質の肥料で育った美味しさゆえの、エコファーマー認定農園のリンゴ...。

葉からの養分もしっかりと摂って美味しさの増す「葉とらず」リンゴ...。

日本を代表するリンゴで食味の最上級、果肉は固めでシャキッとした歯応えが特徴で、果汁が多くジューシーで甘酸っぱくフルーティなさわやかな香り、欲しくなるもの...。

【北海道余市産りんご「ふじ」10kg 産地直送「葉とらず」リンゴ(28~36個)】か、

【北海道余市産りんご「ふじ」5kg 産地直送「葉とらず」リンゴ(14~28個)】か、

【北海道余市産リンゴ果汁100%『四季彩の丘』りんごジュース「ふじ」無添加・完熟搾り 900ml】か、

さすがに選ぶのは迷ってしまうもの。


「1日1個のリンゴで医者いらず」(?)

養生訓として100年以上前から伝えられたとは...。

子どもの頃に発熱した時、すりおろしたリンゴをつくってもらった思い出、忘れられない。

多く含まれる食物繊維には、消化・吸収を支える整腸作用ゆえ、病気の時にもお腹の調子を整えてくれるし、リンゴ酸やクエン酸には代謝を高めて疲労回復を助けてくれるから、ありがたい。


このありがたみが永遠のものであること、祈りたいなあ。

タグ:日本 アメリカ 無添加 りんごジュース 朝ドラ 美味 北海道 美味しい 成功 NHK ウィスキー 余市 祈り 10万円 リンゴ ジュース 100% ネタバレ 養生訓 1位 輸入 放送 土地 運転資金 産地直送 四季彩の丘 あらすじ 2015年 ふじ 最上級 サブタイトル NHK朝ドラ マッサン 生産量 ピート 美味しく 美味しさ 祈る 10kg 会うは別れの始め 第15週 果汁100% 100年以上 900ml 5kg 祈って 葉とらず リンゴ果汁 1879年 美味しき 明治12年 マッサン あらすじ 美味しげ 平成27年 マッサン NHK 朝ドラ ウィスキー マッサン NHK マッサン NHK 朝ドラ マッサン NHK 朝ドラ 日本のウィスキーの父 中島みゆき 麦の唄 ももいろクローバーZ 泣いてもいいんだよ ももクロ 泣いてもいいんだよ 中島みゆき 麦の唄 朝ドラ ももクロ 泣いてもいいんだよ カバー 中島みゆき 麦の唄 ももクロ 泣いてもいいんだよ 中島みゆき 麦の唄 ももいろクローバーZ 泣いてもいいんだよ 中島みゆき 麦の唄 マッサン NHK 朝ドラ マッサン ネタバレ マッサン NHK 朝ドラ あらすじ ネタバレ マッサン NHK 朝ドラ あらすじ マッサン あらすじ ネタバレ マッサン NHK 朝ドラ あらすじ ネタバレ 第12週 マッサン NHK 朝ドラ あらすじ ネタバレ 第13週 マッサン NHK 朝ドラ あらすじ ネタバレ 第14週 マッサン NHK 朝ドラ あらすじ ネタバレ 第15週 マッサン NHK 朝ドラ あらすじ ネタバレ 第16週 マッサン あらすじ ネタバレ 第12週 マッサン あらすじ ネタバレ 第13週 マッサン あらすじ ネタバレ 第14週 マッサン あらすじ ネタバレ 第15週 マッサン あらすじ ネタバレ 第16週 マッサン NHK あらすじ ネタバレ マッサン NHK あらすじ マッサン NHK ネタバレ マッサン NHK あらすじ ネタバレ 第12週 マッサン NHK あらすじ ネタバレ 第13週 マッサン NHK あらすじ ネタバレ 第14週 マッサン NHK あらすじ ネタバレ 第15週 マッサン NHK あらすじ ネタバレ 第16週 マッサン NHK 朝ドラ ネタバレ 1月12日月曜日 2015年1月12日月曜日 平成27年1月12日月曜日 スモーキーフレーバー ウィスキー製造事業 北海道余市 アメリカ人開拓者 ホーレス・ケプロン エコファーマー認定農園 北海道余市産りんご「ふじ」10kg 産地直送「葉とらず」リンゴ(28~36個) 北海道余市産りんご 28~36個 北海道余市産 北海道余市産りんご「ふじ」5kg 産地直送「葉とらず」リンゴ(14~28個) 14~28個 北海道余市産リンゴ果汁100%『四季彩の丘』りんごジュース「ふじ」無添加・完熟搾り 900ml 完熟搾り 北海道余市産リンゴ果汁100% 北海道余市産リンゴ果汁 リンゴ果汁100% 1日1個のリンゴで医者いらず
2014-12-18 | 共通テーマ:日記・雑感 | nice!(0) | コメント(0) | トラックバック(0) | 編集

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © 微笑の門 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます