So-net無料ブログ作成

絶対に行けない世界の非公開区域99


絶対に行けない世界の非公開区域99

著しく危険なので立ち入れない。

部外者お断りのため立ち入れない。

どこにあるかが秘密なので立ち入れない。


以上をテーマとする、いわゆる、危険・非公開・軍事機密・研究施設・都市伝説、といった関連にまつわる世界の「立ち入り禁止」場所99ヶ所を紹介した、禁断のビジュアルブックか...。

何と、あの日経ナショナルジオグラフィック社が手掛けるとは...。


前年2014(平成26)年12月19日金曜日に発売となったドキュメンタリーは、『絶対に行けない世界の非公開区域99 ガザの地下トンネルから女王の寝室まで』。

執筆したのは、ダニエル・スミス。 翻訳は、小野智子、片山美佳子。


構成・内容は、概ね1トピック当たり2ページから4ページにかけて、カラー写真とイラストと模式図などでの解説。

たしかに、いろいろとある。

英国女王の寝室、沈没したソ連の潜水艦、グーグル・データセンター、エリア51、死体農場、コカ・コーラのレシピ保管庫、CIA本部、エアフォースワン、ホワイトホールの秘密トンネル、ロンドン塔宝物庫、バチカン機密文書館、ウィキリークスの地下データセンター、ガザ地区の密輸トンネル、海賊の町、ホビョ、トラボラの洞窟、ビンラディンが潜伏していた家、カシミール紛争地域、パドマナーバスワーミ寺院の財宝、ゴビ砂漠の不明建造物、朝鮮労働党39号室、伊勢神宮など...。


全体を通して、一般人では到底行けそうもない見ることができない場所の写真の掲載である以上、感動するページばかりではない。

もっとも、グーグルの情報センターやコカ・コーラのレシピといった読み応えある紹介の反面、毒ヘビ5000匹がうじゃうじゃいる島などの、おぞましい紹介まで...。

そんな中でも、極めて神聖な神社として伊勢神宮が紹介されている点で、日本は世界でも異質な文化国なのかなぁと、改めて実感。


ある意味においては、なかなか読みごたえのあるドキュメンタリー...。

要するに「世界七不思議」程度の噂の場所の一覧であるかのよう。



いずれにせよ、「○○してはいけない」と言われると、したくなるのが人間の心理。

一般に公開されていないから想像や妄想が掻き立てられてしまうもの。


特に、「エリア51」なんてその最もたるものだった。



ただ、気になることが...。


原著は、本書同様「NATIONAL GEOGRAPHIC」のロゴが表紙カバー左上に見えるところと、原著者「Daniel Smith」は同じであるものの、2012(平成24)年に「Quercus Publishing Plc」からの出版、原題は『100 Places You Will Never Visit (Paperback)』。

原書にある「エリア97」の「Fukushima Dai-ichi Nuclear Power Plant」(福島第1原発)が、本書では掲載されていないこと。

すなわち、本書では「エリア96」に「伊勢神宮」(Ise Grand Shrine)があるだけだが、原書ではこれに加えて続く「エリア97」に前記の「Fukushima Dai-ichi Nuclear Power Plant」(福島第1原発)が掲載されていて...。

なお、これと同旨のトピックと推測される「エリア69」には、「チェルノブイリ立ち入り禁止区域」が、本書に掲載されているものの、前者が"削除"された理由に関しては、本書では説明がなく不明のまま...。


なぜか釈然としなかった。

諸外国と違って、石油エネルギー事情の乏しい我が国の経緯そのものは理解できても、万一の場合の代償は、かなり高くつくんだろうなあ。

2015-03-01 | 共通テーマ:日記・雑感 | nice!(0) | コメント(0) | トラックバック(0) | 編集

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © 微笑の門 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます